Guide to Certify

<ご注意 Guide to Certify documents>
ご用意いただく全ての確認書類は、一種類づつ、一個人ごと、別々のページにして、PDF形式のファイルにしてカラースキャンをお願い致します。

複数の書類を1枚の紙にコピーまたはスキャンされたものは認証できません。
どの書類も、A4判用紙のど真ん中に被写体をおいてスキャンしてください。端に置かれると認証できません。
PDFのページ設定はA4判に統一願います。

​お送りいただいた後、ご本人様確認のため、グーグルミートやズームでのミーティングをいただく場合があります。

★お受付できない例
※写真(写メ)、JPG形式、スクリーンショットは一切不可
※複数の書類を1ページに並べているもの
※用紙のページ設定がA4サイズ以外のもの
※被写体がA4サイズのど真ん中に置かれていないもの

​本人確認書類 (ID)

★パスポート(写真ページ見開き全面)

​海外との金融取引では基本的にパスポートを本人確認書類としています。以下はパスポートがない場合の臨時的な措置としての作成になります。翻訳のための追加料金を申し受けます。

※以下はパスポートを保有されていない特別な事情がおありの時だけ認証可能です。認証には翻訳のための追加料金がかかります。


★運転免許証(裏書ある場合は両面)
★マイナンバーカード両面(個人番号は伏せたまま)
A4判タテ用紙のど真ん中に被写体をおいて、カラーコピーまたはPDFスキャン
有効期限内であることを再確認ください。

2

​住所確認書類 (PoA)

★銀行が発行する英文の残高証明書またはステートメント、月間取引明細書(フルネーム、住所が入っていること、発行から3か月以内)

※以下は英文書類を保有されていない時に提出ください。認証には翻訳のための追加料金がかかります。

★自動車税、固定資産税などの納付書
★住民票の写し(本籍、個人番号なし、世帯全員)
氏名、住所、発行から3か月以内
カラーコピーまたはPDFスキャンでないもの、
住所の記載がないガス会社のもの、携帯電話会社のものは全て使えません

3

​入金口座確認書類 (Bank Details)

★ステートメント
★英文残高証明書
氏名、住所、口座番号、発行から3か月以内
住所の記載のない残高証明書は使えません
カラーコピーまたはPDFスキャン
郵送物であれば、住所確認書類として兼用できます。

4

​収入確認書類 (Source of Funds)

★源泉徴収票
氏名、住所、会社名、年間の給与所得額、発行から3か月以内
会社名、住所の記載のない残高証明書は使えません
コピーまたはPDFスキャン
★収入証明つき課税証明書

市区町村発行のもの、発行から3か月以内

カラーコピーまたはPDFスキャン

Let's Work Together

当事務所では、営業担当者を募集しています。