• 特定行政書士

HSBC中国では定期預金作成時にマイナンバーが必要


人民元建ての普通預金を保有しているだけなら、まだ聴取されることはありませんが、一番短い期間である1週間ものの定期預金を作成するだけでも、マイナンバーを聴取され、かつマイナンバーカード、マイナンバーを記載した住民票の写しなどの証拠書類等の呈示が求められます。

また人民元預金を日本円やアメリカドルなどの外貨へ交換する際には、中国国内(内地)での勤務経歴と収入証明が必要となっており、単に外貨投資のつもりで人民元建て預金を保有した預金者は、人民元紙幣で現金として引き出す以外の手段がない状況です。


0回の閲覧